昨今では現代人病とも言われる「ストレートネック」ではありますが、一般的に多くの場合は、近年の西洋文化の流入やスマートフォンやパソコンの普及など、人々の生活習慣の急激な変化が、現代人のストレートネックを招いているのだとも考えられているようです。長時間に渡るデスクワークなどでは、パソコンモニターを眺める姿勢などが前傾に傾くことで、ストレートネックなどの症状につながるなどとする研究結果報告などもあるようです。さらにはストレートネックは、交通事故やスポーツ中のアクシデントなどから首を痛めることによって、症状が発症するケースもあるようです。生活習慣からくるストレートネック同様、首の頚椎の構成異常から肩こり、頭痛、吐き気などが症状として現れることもありますが、整体やマッサージなどの施術を受けることはかえって症状を悪化させてしまう可能性もありますので首の筋肉の緊張など、何かしらの違和感を感じた際には専門外来などでの診断が必要となるでしょう。