胃とは、食べ物を消化する器官で健康維持の指標ともいえる場所です。また、粘膜を内膜全体に分泌して非常に強力な胃酸からから保護しています。それでも、暴飲暴食やストレスなどの過大な負担がかかると粘液の分泌がうまくいかず、胃の内壁が胃酸によって荒れたり胃潰瘍などを生じたりする場合がある。ストレスで胃を壊す人も現代社会でたくさんいるが、心の負担が居に影響を及ぼし、人体に被害をもたらしてしまいます。
整体の考えでは、少しでも疲労すると食欲を落として「休みたい」と意思表示をするのが胃です。「○○が食べたい」と脳に伝達することで、そのとき体に必要に必要な栄養素を訴えたり、と意思表示ができる内臓です。表情豊かな臓器としてとらえられています。ぞの反面、ストレスに弱いといった繊細な一面も持っています。
胃がわるくなると出る症状は、
額がかゆくなる、赤くなる、痛む、口内炎になる
鎖骨がこわばってくる
腕が硬くなり痛む
膝下が硬くなり痛む、心臓が圧迫される 圧痛点は頭の後ろ、首筋、背中、お尻、後ろ腿、後ろ膝となっています。