体が歪んでしまう原因のひとつに、枕が合っていないというものがあるそうです。睡眠時に正しい姿勢を取っていないと首や肩に大きく負担を掛けてしまうという場合もあるそうで、血行不良から目覚めの悪さに繋がってしまうこともあると言われています。枕の重要性は近年でも見直されているようで、整体師が発案したという枕も話題になったそうです。

枕を使うのは、あくまで凝りが治るというわけではなく「正しい体勢によって痛みを緩和させる」「肩凝りや首凝りを予防する」という意味があるそうです。枕はオーダーメイドで作れるものもあるそうで、首や頭を測った上で理想的な枕を選ぶことができるそうです。起床後、毎日すっきりしないという場合には、体の歪みも関係しているかもしれません。ただし、実際に出ている痛みなどについては、整体院で相談をした方が良いでしょう。睡眠中の体勢も大事ですが、人間は起きている時間の方が長いため、根本的な施術を行わなくてはならないそうです。

枕は、睡眠時以外にも使用されているそうです。例えばストレートネックを発症してしまった場合にも、姿勢の矯正のために整体師が枕をお勧めすることもあると言われているそうです。矯正枕と呼ばれることもあるそうで、バスタオルを巻いて作ったストレッチ用の枕など、施術に特化した作りのものになっているそうです。これにより、首の後ろを自然に湾曲させることができ、無理ない矯正を行うことができると言われています。ただし、あくまで起きている時のストレッチ用の枕ですので、長時間の使用は推奨されていません。首に負担を掛けることは危険な行為でもありますので、枕を使用する時には必ず専門家に相談してから行いましょう。