見えづらいメガネを使って、新聞の細い文字や、スマートフォンの小さな画面、または、長時間のデスクワークなどとして、パソコンの画面を見ていると、どうしても姿勢が悪くなってきます。無理な姿勢を長時間続けることで、筋肉が凝り固まってしまい、肩や腰などに負担がかかってくることが考えられます。皆さんが、日頃から抱えている、肩こりや腰痛は、もしかすると、度数の合わない眼鏡や、コンタクトレンズを使い続けている事が、原因である可能性もありますよ。視力や聴力などは、年齢とともに低下してくるなどとも言われていますから、定期的な健診や、セルフチェックなどで、愛用している眼鏡が適正な度数であるかどうかなど、日頃から、検査を行っておくことが、健康の鍵どうなりそうです。また、眼鏡は使用していると、どうしてもフレームが緩んできたり、また、年齢とともに、お顔の筋力や肉付きなども変わってきますので、合わせて眼鏡のフレームのゆがみなどもチェックしておきたいポイントであります。毎日、愛用していると、どうしても気づきずらい点ではありますが、定期的にメンテナンスを行うことで、様々なズレや歪みなどが、気づきやすくなるのではないでしょうか。