皆さんが、日頃から、お手元で使用しているスマートフォンは、どうしても画面が小さいために、画面と顔の距離が近くなってきてしまいますよね。スマートフォンの画面を、至近距離で見続けることは、目を酷使することとなり、眼精疲労や、様々な身体的なトラブルを招きかねないなどと言われています。目の疲れは、眼精疲労として現れ、さらには、血流の悪さから首のコリや肩こり腰痛などといった慢性的な体調不良を起こす可能性があります。スマートフォンを見続けることで、近視、遠視、斜視などを引き起こす原因となってしまったり、場合によっては、めまいや、吐き気などにもつながってくることもあるようです。スマートフォンは、現代人の必需品となっていますので、今となっては、手放すことは難しいですが、目を酷使している分、リフレッシュや、酷使している目のためのケアを怠らないといったようなことを、日々心がけることが大切です。スマートフォンを長時間見続けていたり、大画面でゲームを楽しんだり、デスクワークて長時間パソコンの作業をするような場合は、必ず自主的に休憩時間を設けましょう。目を閉じて深呼吸をしてみたり、同じ場所を見続けていた眼球を動かしてあげたり、遠くの山々や木々の緑を眺めてみたり、アイマスクやタオルを使って目を冷やしたり温めたりしてあげることも目の疲労回復に繋がるようです。