お風呂に浸かると、つい「はぁ~」とか「ふぅ~」とか、力の抜ける声を出してしまうといった経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

これは、血行が良くなることによって、体の緊張が解けているからと言えるでしょう。また、お湯に浸かることにより、浮力で体が軽くなると感じる人もほとんどでしょう。つまり、お風呂などのリラックスタイムというのは、体にとって、非常に大切な嬉しい時間と言えるでしょう。

毎日お風呂に浸かることが可能になれば、整体などに通う回数も格段に減るのではないでしょうか。それくらい「お風呂」というものは体にとって重要な役割を持っていると言えるでしょう。体に痛みがあるといった人も、お湯の中で筋肉をほぐし、痛みを和らげることが期待できるでしょう。

最近では、よりリラックス効果を得られるような入浴剤なども多くの種類が販売されているのではないでしょうか。効能なども種類豊富になってきているため、より自分に合った効能のものを選べるというのも嬉しいでしょう。

上手に活用することによって、お風呂効果を最大限に活用できると良いのではないでしょうか。しかし、半身浴を長めにしたいからといって、スマートフォンを持ちこんだりするのはオススメできないでしょう。

効率的に作業ができると考えられるかもしれませんが、せっかくのリラックスタイムに仕事を持ち込むのはもちちろん、小さい画面からの強い光を長時間見るというのは、体の歪みにつながる行為であると言えるでしょう。

お風呂の時間だけは、心も体も開放し、ゆるゆると過ごすことを第一と考えると良いのではないでしょうか。心身ともにリフレッシュすることで、より効率よく仕事ができる状態を作ることができるでしょう。

TOP:筋肉と症状のつながりへ